2011年07月01日

解体した木製小屋の床ウラは?

cabana_kaitai.jpg

社屋の外装補修・塗装工事に伴い、展示しているカナダの木製小屋キット「シダーシェッド Cabana 9x6」を解体することになりました。この小屋はウエスタンレッドシダー(ヒノキ科ネズコ属)製です。

約8年近く、実際に物置として使用していました。内側に雨染みがありますが、コーキングや塗装することで軽減できます。
ちなみに弊社では屋内側は何もしていません。

床パネルのウラは組み立てる前に、オリンピック ウォーターガードという無色の撥水性の高い塗料を1回塗りしていました。防虫効果はありません。

ウエスタンレッドシダーは針葉樹の中で耐候性が高く、デッキや外壁、屋根材等幅広く使われています。
他の樹種があれば、シロアリはそちらを好んで食べるのですが、弊社にはレッドシダーしかありません。
もしかしたら・・・と、床パネルを返してみました。

cabana_yukaura1.jpg

ゴミなどは落としましたが、腐れもなく、シロアリにも手を出されず、とてもきれいな状態でした。
部分的にもアップしてみましたので、ご覧ください。

cabana_yukaura2.jpg

cabana_yukaura3.jpg

※現在、シダーシェッド「Cabana-カバナ- 9x6」の床の仕様はレッドシダー張りではなく、合板に変更されています(根太はレッドシダーです)。
まだ、日にちは未定ですが、仕様変更後の小屋を展示する予定です。


posted by jstyle at 17:27| 木製小屋 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。